FX投資戦略一覧

2023年「120円超の米ドル高・円安」となる、確かな可能性 – 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

...に伴う米ドル反落の動きも限定的にとどめる一因となっていた可能性があります。「米ドル/円」の当面のシナリオは?米10年債利回りの90日MAからのかい離率を見ると、依然 として短期的な「上がり過ぎ」懸念が強い状況が続いていることに変わりはなさそうで.. . ...局面が訪れた場合でしょう。吉田恒マネックス証券チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するもの ではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な.....

4年連続、5円以上大幅値動の「米ドル/円相場」…2021年は? – 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

...いている米ドル/円。本記事では、今回は米ドル/円を中心に1月の為替予想について考えてみたいと思います 。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が解説します。「1/5~1/11のFX投資戦略」のポイ ... ともいよいよこのレンジをブレークするかが、最初の焦点になるでしょう。「1月の米ドル/円」は値幅が拡大する可能性大!?そしてレンジ・ブレークについてですが、可能性は十 分あるといえます。というのも、......

2021年、超円高再来はあるか?「米ドル/円価格」を大予想 – 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

...円価格について考えてみたいと思います。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が解説します。「12/21~12/27のFX投資戦略」のポイント[ポイント]・「コロナ後」全面安となった米ドル ... ・金利差との関係からすると、2021年にかけて100円割れ、いわゆる「超円高」の可 能性がある。52週MAとの関係参考にすると、米ドル/円「下がり過ぎ」の可能性が出てくるのは90~95円からと見られる。「コロナ後」米 ドル安は2021年も続くのか?.....

2021年、超円高再来はあるか?「米ドル/円価格」を大予想 – 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

...円価格について考えてみたいと思います。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が解説します。「12/21~12/27のFX投資戦略」のポイント[ポイント]・「コロナ後」全面安となった米ドル ... ・金利差との関係からすると、2021年にかけて100円割れ、いわゆる「超円高」の可 能性がある。52週MAとの関係参考にすると、米ドル/円「下がり過ぎ」の可能性が出てくるのは90~95円からと見られる。「コロナ後」米 ドル安は2021年も続くのか?.....

米株に連動する「米ドル/円」…順相関はいつまで続くのか? – 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

...(価格変動)相場への豹変が繰り返されてきました。今回も、これまでの選挙後と同様の動きが見られるので しょうか。今回は、FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が、今後の「米ドル/円」の値動きについて予想し ... ティリティ相場に「豹変」するパターンを繰り返してきました。では、今年の場合はどうでしょうか? 通常、米大統領選挙後の大相場は「アノマリー」といえるものでしょうが、大相場のきっかけになる「テーマ」がありました。「テーマ」なしの相場にも限界...

過去の相場から読み解く、大統領選後の「米ドル/円」トレンド – 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

先週の米ドル/円は105円割れとなりました。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、「単なる『小動きの反動』に伴う一時的な急落か、「アノマ リー」通りの一段安大相場が始まっているのか、見極めの一つの目 ... 米ドル高の動きとなっていた。・選挙の勝敗とは別に、過去の経験を参考にすると、米ドル/円104円割れの有無は、大統領選挙後の米ドル/円のトレンドを示唆している可能性がある だけに、引き続き注目。決着まで1ヵ月かかった「2000年の大統領選挙」を...

昨日のデイトレ相場解説と今日のFX投資戦略 – FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ

...ョン→米ドル/円 買建 40枚 平均価格 115.51円は115.71で売ってしまった+100,000円。その後NY時間に 入ると116.40まで上昇した。買建したポイントは良かったが、正直売るのが早か った気がします。ドル円5分チャートをみていただ ... も昨日の急上昇は売っていた短期筋のストップをつけながらの急上昇でまだまだ短期筋中心相場の様相。現在は116.40-50くらいで推移していますが116.50は重要なポ イントで買い上げている連中も相当気にしている重要なレベル、何か大きな円安...

昨日のデイトレ相場解説と今日のFX投資戦略 – FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ

...ョン→米ドル/円 買建 40枚 平均価格 115.51円は115.71で売ってしまった+100,000円。その後NY時間に 入ると116.40まで上昇した。買建したポイントは良かったが、正直売るのが早か った気がします。ドル円5分チャートをみていただ ... も昨日の急上昇は売っていた短期筋のストップをつけながらの急上昇でまだまだ短期筋中心相場の様相。現在は116.40-50くらいで推移していますが116.50は重要なポ イントで買い上げている連中も相当気にしている重要なレベル、何か大きな円安...

米ドル/円急落で105円割れ…原因は米大統領選アノマリーか? – 国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

...った急落、また米国株も一進一退となる中での米ドル/円105円割れの理由の一つは、小動きの反動が結果的に米ドル下落をもたらしたことではな いでしょうか。米ドル/円105円割れ…その原因は?11月の米大統領選挙が近付き、先週はまさに米大統領候 補 ... い、米ドル一段安の大相場が始まっていることになります。先週の米ドル/円105円割れが、単なる小動きの反動に伴う一時的な動きに過ぎないか、それとも米大統領 選挙年の米ドル/円特有の小動きから一方向への大相場に「豹変」が始まったのか、その見極めの目....

スポンサーリンク

トップへ戻る